色々な原因の腰痛、全力でサポートします

[check] 朝起きるとき 辛い腰

[check] 顔を洗う、靴下をはくのがしんどい腰

[check] 立っているだけで だるく重くなってしまう腰

[check] 座っていると段々痛くなるお尻や太もも

[check] お尻から足まで辛い 坐骨神経痛の様な痛み

誰かに踏んでもらいたい位 だるい腰
湿布を貼っても、電気で温めても良くならない腰。

このままずっとこの痛みをお付き合いしなくてはいけないのか。。
もっとひどくなったらどうしよう・・
と不安も大きくなってしまいます。

腰痛の原因は とてもたくさんあります。

原因を1つ1つ解きほぐして 辛い腰痛を改善していきましょう。

★ 『坐骨神経の痛みが改善』  
(40代 西宮市 パート ・ 坐骨神経痛・上を向きにくい)

坐骨神経痛

坐骨神経痛で左脚裏側がしびれて、長時間椅子に座っていることが出来なかったのですが、施術していただいた後、子供の音楽会で6時間ほど座ったままでしたが全く痛みが出ませんでした。

また、うがいをする時も肩に力をいれずに上を向くことができました。
ひどくならないよう 定期的にメンテナンスに通わせていただきます。
◇あくまで個人の感想であり、効果を保証するものではなく結果には個人差があります

感想を有難うございます。
座っていると痛くなる。。という坐骨神経の痛みですが、触れると圧痛もあり、辛そうでした。
症状が出てから比較的早めにお越し頂いたので、早い改善で良かったです。

腰痛は一生に一度は経験する?!

腰痛でお悩みの方は 非常に多いです。

厚生労働省の国民生活基礎調査(H28年)では 自覚症状の中で女性は 肩こりが1位、次いで腰痛が2位となっています。
3位が手足の関節が痛む 4位体がだるい・5位頭痛 です。
厚生労働省生活基礎調査(平成28年厚生労働省国民生活基礎調査ー健康に関する調査)

これだけ多くの方が困っている腰痛ですが、85%はレントゲンなどではっきりと原因がわからない「非特異性腰痛」と言われています。

医学的には
1 ・腰の筋肉が痛む
  ・筋肉以外には異常はない
  ・脊椎等に異常があって、腰の筋肉に痛みが起こりやすくなっている状態

2・骨折や 骨粗しょう症・変形など 骨そのものが原因

3・脊椎や脊髄に問題がある、神経性の痛み
  腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症・坐骨神経痛 など

4・内臓疾患の症状の1つとしての痛み

5・ 不安やストレスによる痛み
  ストレスや 不安・うつ が原因の1つになっての腰痛

腰痛の原因は多々ありますが、大きくはこのように分類されます。
整体では、1の筋肉の痛みへの対処が多いです。
また、2・3のようにレントゲンで見られる異常の影響で、腰部分の筋肉が痛みを発している場合、筋肉への負担を軽減することで 痛みの軽減を目指します。

腰痛を感じる場所

「腰が痛くて。。」と来られて 痛い場所を指して頂くと、とても範囲が広くあります。

・腰の骨の真ん中が痛い
・お尻が痛い
・お尻から太ももにかけてが痛い
・片側のお尻だけ痛い
・片側のわき腹下が痛い・・ など

腰痛をそのままにしておくと

・痛みを感じる場所が増えていく
・疲労がたまり ぎっくり腰をおこすこともある
・腰をかばう姿勢が続いて、膝など他のところが痛くなってくる

など 放置したら自然に治ったということは少なく、時間をかけて症状が重くなることが多いです。

「腰痛」の症例のブログです。お役立ち情報もあります

女性の腰痛

「女性であること」 だけで腰痛のリスクがあります。

① 筋肉不足・運動不足

女性は男性と比べて筋肉が少ないため、男性より全身を支える負担は大きくなります。

② 冷え性

「冷え」によって血液の流れが悪くなると、疲労物質もたまりやすくなります。
そうすると 筋肉が疲労しやすく、また 痛みの治りを遅くしたり、痛みを悪化させてしまったりします。
腰を冷やすことは、腰痛になったり、悪化しやすくなります。

女性は筋肉量が少ない為 「冷え体質」の人が多いです。
人間の熱は 主に筋肉で作られますが、女性は筋肉が少なく、脂肪が多いので 身体が温まりにくいのです。

熱は 血流で身体に運ばれますが、月経などで血液が奪われたり、卵巣や子宮など 男性より臓器が多いので、熱が男性より運ばれにくいということもあります。

③ ファッション・・薄着・ダイエット・かかとの高い靴

足元が冷えてしまうファッションなど 薄着で身体を冷やしてしまったり
ダイエットで筋肉量が減ってしまうと 熱を作り出す量が減るので 冷えにつながります。
 
また かかとの高い靴をはくと 身体は前のめりになり、腰を反らした姿勢になります。
このように、腰を緊張させる状態が長くなると、腰への負担が増して腰痛になることがあります。

④ テスクワークが多い

男女問わずですが、PCの操作時間が長くなっています。
長時間座ったままだと、血行・リンパの流れが悪くなります。

⑤ 子育て・介護

抱っこや介護で 重いものを支えることが多いと 腰への負担も増します。

⑥ 婦人科系・ホルモンの問題

月経。排卵・妊娠・出産・更年期障害・骨粗しょう症 と 女性特有の身体の変化があります。
これらのホルモンの動き、体型の変化で腰痛を起こすことがあります。

⑦ 女性特有の病気

女性にしか無い臓器、子宮や卵巣は 腰に近い位置にあるため、こうした女性特有のものに関わる病気が原因で 腰痛を感じる場合があります。

子宮内膜症・子宮筋腫・子宮がん・月経困難症 など。

腰痛は種類が多い分、原因も様々です。

「輝」での「腰痛」の原因として 多いものだけでも

☆ 骨盤の歪み
☆ 仙腸関節の固まり
☆ 股関節の問題
☆ そり腰
☆ 古い捻挫後があっての腰痛
☆ 内臓の弱り
☆ 頚椎の歪み
☆ ヘルニア 狭窄症
        などなど 沢山あります。。

「輝」では 腰だけでなく、全身を丁寧に検査します。''

腰痛の原因は 様々です。
日常の生活スタイル・姿勢も大きく影響しています。

「輝」では お話しを伺いながら 全身を検査し腰痛の主な原因を探し、より早い改善を目指します。

施術中や 症状の改善後も ご自宅でできる体操や ストレッチもお伝えしています。

【輝(てる)レディースカイロプラクティック整体院】
住所:川西市大和西(詳細はご予約時にお伝え致します)

当院はお一人ずつ丁寧に施術させていただくため完全予約制となっております。
電話番号:090-8164-1235(9時~17時まで)
*施術中は応対できませんので 折り返しお電話いたします。
 (非通知解除してお電話お願いします)
お問合わせ・ご予約メールはこちら→ ご予約
*24時間受付しております。24時間以内にお返事致しますので、もし返信が無い場合はお電話頂けますようお願いします。