膝の痛み

股関節の痛みについては→   こちらへ
足首の痛みについては →   こちらへ

膝は立ったり、座ったり、歩いたりと日常生活の中で使わないことはありません。
ですので、いざ痛くなると急に多くの不便を感じるようになります。

膝の痛みは 女性に多いのが特徴で男性の3~4倍の割合だと言われています。
その原因ははっきりとしていませんが、以下のようなことが考えられています。

・ 女性ホルモンの影響で 筋肉がつきにくく、また 靭帯も緩みやすいこと。
・ 地面からの衝撃を吸収しにくい、イヒールやパンプスを履くことも多いこと。
・ 相対的に見て日本人女性はO脚の人が多いこと。 O脚、X脚は膝へ偏った負担をかけてしまいます。
・ ファッション重視で足に合わない靴を履くことがあること。
・ 運動不足による筋力の衰え

つまりホルモンなど「女性ならでは」の理由の他に、膝を痛めやすい環境的な理由も女性側に多いことがわかります

★ 『テニスができるようになった!』  
(72歳 川西市 主婦 ・ 膝が痛くてテニスができない)

膝痛(左)で スーパーへの下り坂、テニスでもふんばり、庭の草ぬきで不自由し、常に左足をかばっていました。
約1年弱、整形外科に通い、注射、電気等を繰り返して居りました。

こちらの施術をダメもとで受け、いつの間にか(約2.5カ月)で痛みも気にならなくなり(まだ瞬間的に痛む時も時もありますが)日常生活やテニスも出来るようになりました。
助かりました。ありがとうございました。

◇あくまで個人の感想であり、効果を保証するものではなく結果には個人差があります。

感想を有難うございます。
膝の痛みが出てから1年以上が経過していた為 ちょっと心配しておりましたが、順調に改善できて良かったです!(^^)! テニス、まだまだ楽しんでください!

★『オスグッドの痛み改善!』 NEW!
(12才  川西市 小学6年生・H.N(母)H.M(本人)・膝の痛み、オスグッド)

画像の説明

(お母様より感想を頂きました)
ヒザの痛みをオスグッドと診断され(息子)、早く治すためにどうすればいいか相談したところ、友人から整体を紹介していただきました。
その友人の息子さんの体験を聞きぜひお願いしたいと思い、今に至ります。

考えていたより早くに痛みが和らぎ、ストレッチの方法を教えてもらい、スポーツを休まずに続けながら回復できることに親としても嬉しく思っています。
元気に好きな事を続けていけるように、色々教えてもらえることも大変ありがたいです。

本人も行きたい、と言うので具合がとても良いのだと(調子が良くなる)思います。今後もよろしくお願いします。

◇あくまで個人の感想であり、効果を保証するものではなく結果には個人差があります

感想を有難うございます。
お子様が大好きなスポーツを全力でパフォーマンスできないと本人も辛いですが、見ている大人もつらいです。
何とかならないかな、という気持ちで早めに当院にご縁を頂き 早期の改善につながったと思います。
今後もたくさん活躍して下さい!

膝の痛みの原因

1・加齢や、姿勢など生活習慣の中でかかる膝への負担からの痛み
膝には歩く時に体重の3倍、階段を登る時は6~7倍の負荷がかかります。
身体を支える為に 膝の構造はクッションの役目を果す関節軟骨以外に多くの靭帯で守られていますが加齢と共にこれらは磨り減ってきます。
関節軟骨や骨が磨り減ることで変形し 痛みが出ます。

猫背などの普段の姿勢が悪い場合や、足を組んで座る、お姉さん座りが習慣になっていると膝への負担が継続的にかかることになり、変形や痛みの原因となることがあります。

診断では、変形性膝関節症・膝蓋大腿関節症と言われることが多いです。

2・スポーツや外傷での痛み
膝は構造上、真っ直ぐの縦の力には強いですが、横からの力、捻りの力には弱いです。
走る、捻る、跳ぶ、急な方向転換、急停止など、スポーツの多くは膝を酷使します。
また、長時間続けて行う使いすぎも 膝を痛める大きな原因の1つです。
診断としては、オスグッド・シュラッテー・タナシ障害・ランナーズニー・ジャンパーズニー・鷲足炎などが多いです。

3・1,2の原因など複合的な原因
スポーツで痛めたり、加齢、病気、事故などの原因で膝に痛みが出ます。
関節ねずみ・・骨や軟骨の1部が欠けたり はがれたりして関節内を動いてしまうもの
関節水腫 ・・関節内の「滑液」が増えてしまうもの。 ’膝に水がたまる’とよく言われます。

4・病気による膝痛
関節リウマチ・通風・肉腫など

痛む場所

膝のお皿・膝の上(太ももの方)・膝の下(すねの方)
膝の内側・膝の外側
膝の下の膨らんだところ(脛骨粗面)

痛みの感じ方

関節軟骨が磨り減ってしまう場合は、初めは膝の違和感を感じ、立ち上がり、座る時など体重が膝にかかった時に痛むことが多いです。
進行すると階段の上り下り、正座で痛みが出るようになり、更に進むと安静時でも痛みが取れなくなるようになります。

多くは痛みと共に 動きの制限がみられます。

痛みをそのままにしていると

・ 膝がこわばって動かしにくい
・ 正座ができない
・ 階段の上り下りに手すりが必要になる
・ 膝を伸ばすことができない
  歩行時に杖など支えが必要になる  など

膝は日常生活で使わないことはない部分なので、症状の進行とともに日常生活への影響が大きくなります。

当院では

膝関節痛でも 全身のチェックから丁寧に行います。
頭蓋・頚・肩・胸郭・脊柱・骨盤・股関節・膝関節・足関節など全身の状態をチェックします。

それぞれの関節の状態や 全身揃ってのバランスをチェックして 膝関節痛の原因を探ります。

骨盤や股関節を調整することで 膝痛の改善がみられることはとても多いですし、時には姿勢のバランスを整えることで 痛みを早期に軽減できることもあります。

歪みやバランスを整えることで 膝関節にかかる負担を軽減し、膝への血行を良くするよう調整します。

また、日常生活での姿勢や ストレッチなどの体操のお話しもさせて頂きます。

【輝(てる)レディースカイロプラクティック整体院】
住所:川西市大和西(詳細はご予約時にお伝え致します)

当院はお一人ずつ丁寧に施術させていただくため完全予約制となっております。
電話番号:090-8164-1235(9時~17時まで)
*施術中は応対できませんので 折り返しお電話いたします。
 (非通知解除してお電話お願いします)
お問合わせ・ご予約メールはこちら→ ご予約
*24時間受付しております。24時間以内にお返事致しますので、もし返信が無い場合はお電話頂けますようお願いします。